投稿者「bycwarehouse5」のアーカイブ

エコペイズのアップグレードについて解説!

エコペイズには会員ランクが用意されています。

無料登録の段階ではCLASSICとなっており、利用状況等によって会員ランクが上がります。

基本的に会員ランクが高くなることでよりお得にエコペイズが利用できるシステムとなっていますが、会員ランクの種類やランクアップの条件等について見てみるとしましょう。

エコペイズの会員ランクは5種類

エコペイズの会員ランクは5種類
エコペイズの会員ランクは下記の5種類となっています。

・Classic(クラシック)会員
・Silver(シルバー)会員
・Gold(ゴールド)会員
・Platinum(プラチナム)会員
・VIP(ビップ)会員

エコペイズは会員登録だけであれば無料で可能ですが、そこでのランクはCLASSICです。
CLASSICの場合、1度の送受金の上限が2,500ユーロとなっています。

また、銀行口座への送金ができませんので、事実上、オンラインカジノで得た利益を手にすることができません。

1ユーロの相場を120円として計算すると、1度でおよそ30万円の入金が可能なので入金機能に関してはさほどこまることはありません。

しかし、出金ができません。
そのためCLASSICでは思う存分オンラインカジノを楽しめるとは言えません。

オンラインカジノの魅力はゲームの娯楽性もさることながら、大きな利益です。
高いペイアウトがもたらす大きな利益を獲得し、手にできる点が魅力ですがCLASSICでは得た利益を手にすることができません。

そのためにも、SILVERへのランクアップは必須です。

CLASSICでも楽しめるオンラインカジノもある?

CLASSICの場合、オンラインカジノからエコペイズまではお金を移すことが可能です。
しかし、エコペイズから銀行口座への送金ができないので、エコペイズを使用しなければ利益を手にできない環境にある日本人オンラインカジノプレイヤーにとっては、CLASSICからSILVERへのランクアップは必須といえるでしょう。

しかし、ごくわずかではありますが日本の銀行口座に直接送金可能なオンラインカジノも登場しています。
そのようなオンラインカジノを利用すればエコペイズのランクを問わず、そもそもエコペイズを利用・経由することなくオンラインカジノの利益を手にできるのですが、現実的には日本の銀行に直接送金できるオンラインカジノは極わずかです。

決して不可能ではありませんが、遊べるオンラインカジノか限られてしまいますので、様々なオンラインカジノで遊びたいのであればエコペイズの利用、さらにはSILVER会員へのランクアップを行った方が良いでしょう。

「シルバー」へアップグレードする手順

「シルバー」へアップグレードする手順
エコペイズにてSILVER会員にランクアップさせるためには本人確認が必要です。

つまり、無料で可能です。
SILVER会員からランクアップさせるためには利用金額も条件に加わりますので無料でランクアップさせることは難しいですが、SILVER会員までであれば無料で可能です。

SILVER会員にランクアップさせることで、入金の上限が撤廃され、一度に2,500ユーロ以上の入金が可能になる点、さらには銀行への出金が可能になるので、オンラインカジノで得た利益を事実上受け取ることが可能になる点、また、複数通貨のサブアカウントを10通貨まで追加できますので、様々な通貨を扱えるようになるなど、メリット盛りだくさんです。

そこで、SILVER会員へのランクアップ方法を解説しましょう。

SILVER会員にランクアップ

利用可能になった段階からSILVER会員へのランクアップの手順を説明していきましょう。
SILVER会員にランクアップするためには、主に下記の3点が必要になります。

・Eメールアドレスの確認
・セキュリティの設定
・本人確認書類の提出

これらを順番に説明していきましょう。

Eメールアドレスの確認

エコペイズに登録する際にもメールアドレスの記載が必要ですが、CLASSICの段階では、Eメールアドレスは連絡のためのツールとして登録されているのみです。

そこで、Eメールアドレスを自分自身のものだと確認するための設定が必要です。
エコペイズの「マイアカウント」から「無料でアップグレード」と進み、「Eメールアドレスを確認」へと進みます。

すると、「Eメールアドレスを確認」と記載されたボタンが表示されます。
その際、エコペイズに登録した際に入力したメールアドレスが表示されていますので、問題なければボタンをクリックしましょう。

もちろんここで変更することも可能です。

すると、該当メールアドレスにエコペイズから連絡が届きます。
そこには「メールアドレスの認証を行ってください」と記載されており、「メールアドレスを認証」をクリックすることで認証完了となります。

作業そのものは決して難しいものではありません。

セキュリティの設定

セキュリティの設定ではセキュリティの質問を設定します。
秘密の質問を選択し、回答を入力します。
この点は他のサービスでも見られるものなので、難易度は高くはないでしょう。用意されている質問の種類は下記になります。

・学校で一番好きな課題
・一番好きな子供向けの物語
・最初に飼ったペットの名前
・子供の頃の親友の名前
・最初に所有した車や自転車
・映画館で最初に観た映画
・あなたの夢のお仕事

回答は日本語で設定が可能です。
もちろんどの設問であっても、機能に差がでることはありませんので好きな質問を選択し、回答を設定しておきましょう。
こちらはパスワードを忘れた際に必要になりますので、メモを取って保管しておくことを推奨します。

本人確認書類の提出

先に紹介したEメールアドレスの確認とセキュリティの質問の設定はなにも用意する必要なく、すぐにでも実践が可能なものです。

しかし、本人確認書類の提出は用意しなければならないものがあります。

本人確認は、身元証明と住所証明が必要です。
それぞれ必要な書類が異なりますのでそれぞれ把握しておきましょう。

身元証明

身元証明は、自分自身の存在を証明するためのもので、有効な書類としては下記になります。

・パスポート
・写真付き運転免許証
・マイナンバーカード

上記のうち、写真付き運転免許証とマイナンバーカードに関しては表・裏それぞれの画像が必要になります。

また、同じような特性を持っているものの健康保険証は不可な物もあります。
その理由は顔写真の有無です。
古いタイプの健康保険証の場合、文字だけのものなので身元証明としては使用できません。

しかし顔写真付きの健康保険証であれば可能です。
この点は一度サポートに相談してみるとよいでしょう。
いずれにせよ、スキャンするか、あるいはスマホで撮影した画像データとしてエコペイズにアップロードする形での「提出」となります。

住所証明

住所証明とは、住んでいることを証明するためのものです。
提出できる書類としては下記になります。

・水道光熱費領収書
・銀行取引明細書
・住民票

公式サイトでは上記が紹介されているのですが、他にも健康保険、国民年金、住民税、自動車税の支払い票でも可能だったとの事例があります。

ここでのポイント、つまりエコペイズがチェックしたいのは、「本当にそこに住んでいるのか」です。

マネーロンダリング対策の一環として、本人なのか、本当に登録した住所で生活を送っているのかを確かめたいのです。
つまり、住んでいることが証明できるものであれば問題ありません。

水道光熱費領収書は、水道や電気を使用している、つまりは居住している証明になりますし、住民票、あるいは銀行の取引や公的基金の支払いなども「住んでいる」ことを証明できるものなので、住居証明として有効です。

但し、発行から3か月以内のものです。
いくらそれらの書類でも、古いものは本当にそこに住んでいるのかが疑わしくなります。

実際、登録日から3か月以上経過している場合、上記の証明書を出しても審査に通過できません。
過去3か月以内に発行された上記書類をスキャン、あるいはスマホで撮影し、エコペイズに提出します。

顔写真

身元、住所、さらには顔写真も提出します。
顔写真は自撮りです。
顔が画面内に収まっており、かつ識別可能な形で撮影されているものであれば問題ありません。

問題が無ければ完了通知が届く

提出した書類に問題がなかった場合、エコペイズより完了通知が届きます。
エコペイズの公式サイトでは2営業日と記載されているのですが、状況によっては時間がかかるケースもあります。

エコペイズは日本人向けのサービスではなく、イギリスにてFCAの認可を受けて営業している金融機関です。
世界中の顧客を相手にしていますので、忙しい時期にはどうしても審査完了通知の到着が遅れてしまいます。

しかし、あまりにも遅い場合にはエコペイズの公式サイトより問い合わせてみましょう。
通知が届くことで、SILVER会員にランクアップしたことになりますので、エコペイズからの出金等、先に紹介した機能が使用可能となります。

エコペイズの会員ランク別の入出金手数料

エコペイズの会員ランク別の入出金手数料
エコペイズには5種類の会員ランクがあるとお伝えしました。
それぞれ特徴が異なりますが、入出金の手数料の違いは多くの利用者が気になる部分なのではないでしょうか。

そこでそれぞれのランクの手数料をご紹介しましょう。
エコペイズの手数料は主に下記の4種類があります。

・入金手数料
・出金手数料
・換金手数料
・口座維持手数料

これらを踏まえ、それぞれのランクの手数料をチェックしてみるとしましょう。
ちなみに換金手数料は同じ通貨のアカウント間の場合は手数料不要です。
あくまでも異なる通貨に換金する際の手数料です。

CLASSIC会員の各種手数料

CLASSIC、つまりは登録しただけの状態では各種手数料は下記となっています。

入金手数料:5%
換金手数料:2.99%
口座維持費:1.5ユーロ(月額)

これだけを見ても高いか安いかは判断できません。

SILVER会員

先に説明した本人確認を済ませた段階です。

入金手数料:5%
換金手数料:2.99%
口座維持費:1.5ユーロ

上記数字だけを見ると、CLASSIC会員と変わらないことに気付かされますが、SILVER会員は出金が可能です。

銀行送金:5.9~10ユーロ
エコペイズのサブアカウントへの送金:無料
エコペイズのサブアカウントへの送金の換金手数料:1.5%

SILVER会員は手数料の安さよりも、CLASSIC会員では不可能であった出金が可能になる点がメリットと考えてよいでしょう。

GOLD会員

SILVER会員の1個上の会員です。

入金手数料:5%
換金手数料:1.49%
口座維持費:1.5ユーロ

SILVER会員と比較すると、換金手数料がおよそ半分の数値となっています。

銀行送金:5.9~10ユーロ
エコペイズのサブアカウントへの送金:無料
エコペイズのサブアカウントへの送金の換金手数料:1.49%

こちらもSILVER会員と比較すると換金手数料が安くなっています。

PLATINUM会員

GOLD会員の1個上がPLATINUM会員ですが、手数料に関してはGOLD会員と全て同じで、違いは上限残高や入出金時の上限が上がる点です。
そのため、一度に多くの入出金をしないプレイヤーや、エコペイズにあまりお金を預けないプレイヤーにとっては、GOLD会員とPLATINUM会員はさほど差がありません。

VIP会員

入金手数料:5%
換金手数料:1.25%
口座維持費:1.5ユーロ

GOLD会員(PLATINUM会員)と比較すると、換金手数料が若干低くなっています。

銀行送金:2.9~7.0ユーロ
エコペイズのサブアカウントへの送金:無料
エコペイズのサブアカウントへの送金の換金手数料:1.25%

銀行への出金手数料、さらにはその際の換金手数料が低くなっています。
特に出金手数料が低くなっていますので、頻繁に出金するプレイヤーには魅力的なランクとなっています。

各種ランクアップの条件

エコペイズに用意されている5つの会員の特徴をご紹介しましたが、次に気になるのはランクアップの条件なのではないでしょうか。

それぞれのランクアップの条件を見て、ランクアップを目指すか、あるいは自分に合ったランクで落ち着くか判断できるかと思いますので、それぞれの会員のランクアップの条件についても見てみるとしましょう。

CLASSIC会員からSILVER会員への条件

CLASSIC会員からSILVER会員へのランクアップは、先にもお伝えしたように本人確認の完了です。

そのため、これから紹介するランクアップの条件と比較すると緩いですが、CLASSICはいわば初期状態になりますので、SILVER会員へはランクアップというよりも、利用環境を整えるための物だと考えられます。

実際、CLASSICでは出金ができませんので、事実上、CLASSICでオンラインカジノを楽しむことは難しいです。

SILVER会員からGOLD会員への条件

SILVER会員からGOLD会員にランクアップするための条件は4つ用意されています。

まずはクレジットカード/デビットカードの認証です。
こちらは少額入金によって認証します。
額面は1ユーロから2ユーロなので、お金を支払うためではなく、本人のクレジットカード/デビットカードであることを証明するためのプロセスです。

ちなみに3D Secureに登録されている場合には自動で検証されるのですが、3D Secureに登録されていない場合、オンライン上、あるいは書面にてカード確認を行います。

ちなみに入金額は認証後、エコペイズアカウントに反映されますので、決してお金そのものが無駄になる訳ではありません。
また、他には下記の条件となっています。

・5,000ユーロ以上の入金
・オンラインカジノを含めた加盟店に累計25,000ユーロ以上の送金
・SILVER会員30日間以上

クレジットカード/デビットカードの認証は決して難しいものではありませんが、何よりネックとなるのは25,000ユーロ以上の送金です。

1ユーロ120円で計算した場合、およそ300万円の送金が必要になります。
もちろん5,000ユーロとて60万円程になりますので、決して低いハードルではありませんが、25,000ユーロの送金は、決して低い壁ではないことが分かります。

GOLD会員からPLATINUM会員への条件

GOLD会員からPLATINUM会員にランクアップする条件はGOLD会員を30日間以上保持し、かつオンラインカジノを含めた加盟店に50,000ユーロ以上の送金となっています。
やはり高い壁となるのは50,000ユーロでしょう。

先と同じく1ユーロ120円で計算しても、600万円の送金が必要です。
日本人の平均年収よりも高い金額の送金が必要になりますので、高いハードルとなっています。

PLATINUM会員からVIP会員への条件

PLATINUM会員を30日間保持し、かつオンラインカジノを含めた加盟店に250,000ユーロ送金することでVIP会員へとランクアップします。
1ユーロ120円で計算すると3,000万円です。
ちょっとした中古一軒家が購入できる金額である点を踏まえると、PLATINUM会員からVIP会員へのランクアップは、一般庶民にとっては高いハードルだと考えてよいでしょう。

エコペイズのランクを上げる必要はあるのか

エコペイズのランクを上げる必要はあるのか
エコペイズのランクは5つ用意されていますが、上位ランクとなれば大金を使用しなければなりません。
もちろんランクアップすることで得られるメリットもあるのですが、節約術やお得な方法もあります。

通貨単位を揃える

エコペイズには換金手数料がかかりますが、実はこの手数料に関しては、オンラインカジノ側の通貨とエコペイズの口座通貨を揃えることで節約が可能です。

但し、日本円を取り扱っているオンラインカジノはほぼありません。

そこでポイントとなるのがエコペイズのサブアカウントです。
サブアカウントにてドルを設定し、オンラインカジノへの出金は

エコペイズの円アカウント → エコペイズのドルカアウント → オンラインカジノ

とすることで換金手数料を抑えることができます。
円・ドルに関しては為替レートも加味しなければなりませんが、エコペイズの円アカウントからオンラインカジノに送金する際の換金手数料が不要になりますので、上手く活用してみるのも手です。

GOLD会員からのスタートが可能

GOLD会員となるためには300万円以上の出金が必要です。
日本人の平均年収に迫る数値となっていることからも高いハードルであることが分かりますが、実は当サイトを経由することで、初めからGOLD会員になることが可能です。

GOLD会員となることで得られるメリットは換金手数料です。
SILVER会員と比較してもおよそ半分となっています。

だからこそ、本来であればGOLD会員となるためには高いハードルが用意されているのですが、下記からの申し込みでGOLD会員からスタートできますので、エコペイズの開設を考えているのであれば下記から申し込んだ方が断然効率的です。

段階的に強くなるために最適なゲーム!ブラックジャック

ブラックジャックとは古今東西のカジノにおいて愛されている代表的なギャンブルカードゲームです。

ブラックジャックはカジノの歴史において非常に重要な存在であり、現在インターネット上で親しまれているオンラインカジノにおいても王者のように君臨し続けています。

ここからはそんなブラックジャックの歴史を紐解きながら、オンラインカジノ時代におけるブラックジャックの楽しみ方や最新の必勝法などについて解説していきます。

ブラックジャックとは「21」と「黒いJ」から生まれた言葉

ブラックジャックとは「21」と「黒いJ」から生まれた言葉
ブラックジャックの起源については諸説あり、正確な歴史が伝わっているわけではありません。
有名な話としては小説「ドン・キホーテ」の作者が別の著作の中にブラックジャックによく似たゲームを登場させているというものがあります。

その作品は1613年に発表され、執筆時期はそれより10年以上前だったとされています。
つまり15世紀の後期から16世紀の始めにはブラックジャックの原型が存在したことになります。

このゲームは作中スペイン語で「21」と呼ばれており、18世紀になるとフランスで同じく「21」と呼ばれるゲームが大人気になったと伝えられています。

その後このゲームは海を渡りアメリカで広まり、第一次大戦の頃に「スペードA」とスペードまたはクラブの「ブラックJ」の組み合わせで勝利するとボーナスが発生するルールが追加されたことによりブラックジャックという名称に変わったとされています。

ブラックジャックは数学的な必勝法の研究とカジノ側のルール対応によって変化を遂げながらも、知性と興奮が同居するギャンブルゲームとして絶対的な地位を確立していくことになります。

そして現在はオンラインカジノの世界において、さらなる研究が進められています。

オンラインカジノにおけるブラックジャックとは?

オンラインカジノにおけるブラックジャックとは?
オンラインカジノには主に2種類のブラックジャックが存在します。
一つはビデオゲーム形式のブラックジャックで、これはソフトウェア上で再現されたものとなっています。

確率のランダム性などは厳正な検査によって保証されており、ソフトウェアだからといって不正な操作が入ることはないように工夫もされています。
ビデオゲーム形式ならではの派手な演出やスピーディーな展開を楽しむこともできるため、オンラインカジノでは最初にこのソフトウェア型のブラックジャックを遊ぶという人も多くいます。

もう一つはライブストリーミング形式のブラックジャックで、こちらは海外にある現実のカジノスタジオからの中継映像を見ながら遊ぶシステムとなっています。
美人ディーラーが実際にカードを配る様子から息を呑む勝負の緊張感まで現実と同じように楽しむことができるため、本気のギャンブルを体感したい人にはこちらのブラックジャックが人気です。

またソフトウェア相手だとどうしても理不尽に感じてしまう勝負も生中継でディーラーとカードを見ながらであれば納得がいくことも多くなります。
どちらのブラックジャックにもそれぞれ魅力があると言えますが、攻略をメインに考えた場合にはお互いの個性に合わせた作戦が必要になってくるでしょう。

オンラインカジノのブラックジャックで勝つ方法とは?

オンラインカジノのブラックジャックで勝つ方法とは?
ブラックジャックには長年の歴史の中で培われてきた伝統的攻略術が存在します。
その名もベーシックストラテジーチャートというもので、これは「このカードの組み合わせが手元にある時はこの行動が最適」という基本の動き方を全てまとめたカンニングペーパーのようなものとなっています。

現実のランドカジノにはカンニングペーパーを持ち込めないため丸暗記が求められますが、オンラインカジノでは気にすることなくベーシックストラテジーチャートを広げたままブラックジャックをプレイすることが可能です。

もちろんそれだけで勝てるほどギャンブルは単純ではありませんが、逆に最低限これを知っていないと勝利の糸口を掴むことすらできないと言っていいでしょう。

まずはベーシックストラテジーチャートとにらめっこをしながら、ブラックジャックの基本を徹底的に学んでおくことが重要です。
そして、ゲームの進行時間を気にせず勉強するのであればライブストリーミングではなくソフトウェア形式のブラックジャックの方が向いています。

ただし基本的な動き方がわかってきたらライブストリーミングに挑戦しても問題ありません。
ブラックジャックはディーラーと勝負する形にはなっていますが、ディーラーはあくまで機械的に所定の行動を取っているだけに過ぎません。

そのためソフトウェア相手に訓練したことがそのまま人間のディーラーにも通用する数少ないギャンブルゲームとなっています。
この特性を理解しておけば、オンラインカジノのブラックジャックをより軽快に楽しむことができるでしょう。

まとめ

オンラインカジノにおけるブラックジャックとは、カジノ初心者を成長させてくれる教師のようなものであるとも言えます。

誰にでも簡単に使える普遍的な戦術が存在し、それをオンラインカジノという場で存分に試すことが可能です。
その上で人間相手のゲームにも応用することができるため、ブラックジャックを学んでいけば段階的に経験を積みカジノゲームに強くなっていくことができるでしょう。

カジノシークレットで遊んでいるユーザーの良い評判

2018年とまだオープンしてから歴史の浅いオンラインカジノでありながら、多くのオンラインカジノユーザーから大好評の良い評判を集めるのがカジノシークレットです。

カジノシークレットは、インターネット上の評判において、他のオンラインカジノと比較しても評判の数や、良い評判の内容が多く注目を集めています。

そのカジノシークレットの良い評判についてこの記事ではまとめてみました。
カジノシークレットの良い評判について知ることで、カジノシークレットがどれほど多くのユーザーに支持され、評価を受けているのか感じ取っていただけるはずです。

カジノシークレットの利用を検討されている方の参考にして頂ければ嬉しいです。

ボーナスに出金条件が無いからお得過ぎる

ボーナスに出金条件が無いからお得過ぎる
カジノシークレットの良い評判の中でも多くの意見が集まっているのが「キャッシュバックボーナスに出金条件が無いのでお得過ぎる」という内容です。

まさに良い評判が集まる通り、他のオンラインカジノではありえない出金条件です。
カジノシークレットには、ウェルカムキャッシュバックという初回入金時限定のキャッシュバックサービス、そしてインスタントキャッシュバックという2回目以降の既存ユーザーを対象としたキャッシュバックがあります。

さらにマッチボーナスというサプライズ的に不定期でユーザーに配布されるボーナスがありますが、どれも出金条件が課されていないのが特徴です。

ユーザーへのサービスとしてボーナスが付与されるわけですが、あまり複雑な出金条件が課されていると、むしろ嫌がらせと思ってしまうこともあります。

そんな他のオンラインカジノサイトと比較して出金条件が無いことは嬉しいこと間違いありません。

カスタマーサポートが丁寧な日本語で対応してくれた

カスタマーサポートが丁寧な日本語で対応してくれた
オンラインカジノは拠点を日本においていませんので、日本人のオンラインカジノユーザーを受け付けてはいても、全てが英語での対応しか行われない場合や、会話が微妙なオンラインカジノもあったりします。

しかしながら、カジノシークレットでは日本人ユーザーを取り込むために、完全に日本語で対応できるカスタマーサポートが応対してくれます。

少しでも困った時には日本語で助けてくれますので安心して利用できます。
困っているときに丁寧に対応してもらうと、やはりネット上にも良い評判が集まり、そのことで更に日本人のカジノユーザーから信頼を得て新しいユーザーを集めるという循環ができています。

多くの入金方法に対応している

実は入出金方法が多く選べるというのは、オンラインカジノを選ぶ上で非常に重視されています。

だからこそ「多くの入金方法に対応している」という良い評判が多くあります。

カジノシークレットでは、銀行送金での入金が可能になっていて、他にもクレジットカードや仮想通貨ビットコイン、さらにはオンライン電子決済サービスであるヴィーナスポイントやアイウォレット、エコペイズ、マッチベター、Jetonなどに対応しています。

ユーザーそれぞれにとって、入出金方法が選べるのは、プレイするオンラインカジノを選ぶのに重要なファクターとなっています。

インターネット上にも多くのカジノシークレットの良い評判として声が上がっていました。

出金条件がゆるい

出金条件がゆるい
当然かと思いますが、多くのオンラインカジノユーザーは、オンラインカジノで勝利して軍資金を増やし出金したいと考えているものです。

そこでカジノシークレットは出金条件がゆるいという良い評判が上がっていました。
出金額が1,000ドル以上を行う場合、カジノシークレットでじゃ本人確認書類や住所確認書類などの提出が求められるのですが、1,000ドル未満の出金に関しては、基本的に各種書類の提出を求められません。

すぐに出金手続きの申請に応じてくれますので、少額で気軽に楽しむプレイヤーにとっては嬉しく感じるポイントの1つです。
オンラインカジノで勝利したら、やはり気持ちよく出金に応じてもらいたいところですが、中にはそうでないサイトがあるからこそ、出金条件がゆるいことを喜ぶ良い評判が上がっています。

まとめ

今回は、カジノシークレットで実際に遊んでいるユーザーの良い評判まとめと言う内容で記事を作成してみましたが、いかがでしたでしょうか。

カジノシークレットは、キャッシュバックというサービスであったり、ボーナスに出金条件をつけないなど、これまでのオンラインカジノの世界にはなかったユーザーが求めるサービスを用意することで支持を得ています。

インターネット上にもたくさんの良い評判が集まっていて、カジノシークレットにオンラインカジノユーザーからの注目が集まっていることを伺い知ることが出来ます。

この記事をきっかけに、カジノシークレットに興味をもってくれたり、一度試してみようという方がいらっしゃれば嬉しい限りです。

是非この機会に、カジノシークレットで最も良い評判を集めているキャッシュバックをお試ししてみてはいかがでしょうか。

ジパングカジノの入出金で利用できるペイトラは安全なのか?

ジパングカジノといば日本人ユーザーを意識した環境が整えられていることから評判の良いオンラインカジノです。
そんなジパングカジノですが、入金・出金の方法はエコペイズとペイトラのみに対応しています。

エコペイズに関しては多くのオンラインカジノで利用できるサービスであることから、既に利用している、あるいは名前くらいは聞いたことがあるという人も多いようですが、ペイトラに関してはよく分かっていない人も多いようです。

ペイトラとは?

ペイトラはエコペイズ同様のサービスを提供している、オンライン送金サービスです。
国内銀行から海外の口座等への入金を可能にするサービスで、ジパングカジノに入金する際、あるいはジパングカジノから出金する際にはエコペイズ同様、ペイトラを経由させることで国内の銀行口座とのやり取りを可能にします。

多くのオンラインカジノで利用できるエコペイズと比較すると知名度は劣りますが、機能面だけを見れば決してエコペイズに劣るものではないことが分かります。

むしろペイトラは、口座維持費がかかりません。
エコペイズも口座維持費は不要ですが、1年間取引が見られない場合には月額1.5ユーロを請求されてしまいます。
この点はオンラインカジノを楽しんでエコペイズを利用している限り請求されることはないのですが、オンラインカジノを利用しなくなった際、放置していて維持費を請求されてしまう可能性もあります。

しかしペイトラに関してはその心配もありませんので、この点に関してはエコペイズよりも優れている点と考えてよいでしょう。
ペイトラとは?

ペイトラって安心できる会社なの?

ここでポイントとなるのがペイトラの安心感です。
エコペイズに関しては多くのオンラインカジノで利用できる点に加え、様々な情報があります。

既に日本人プレイヤーの利用者実績も豊富であることから、安心感もあるでしょう。
しかしペイトラに関しては、ジパングカジノ、あるいはジパングカジノ関連グループのオンラインカジノ以外では見かけないものです。

そのため、安心できるサービスなのかという疑問をお持ちの人がいるのも決して分からない話ではありません。

ペイトラはイギリス領ヴァージン諸島にて本社を構えていることが利用規約から分かります。
公式ホームページの作りを見ると簡素なものなので、果たして本当に信用できるのかという疑問を持つ人もいるかもしれませんが、ジパングカジノが採用している点からも信頼できるサービスだと考えてよいでしょう。

ペイトラの利用環境

ペイトラはPCやスマートフォンでの利用が可能です。
もちろん数多くのブラウザに対応しており、スマートフォンに関してもAndroid、iOSそれぞれに対応していますので、いずれのユーザーであっても使用に支障はありません。

また、手数料に関しては国内銀行からペイトラに振り込む場合に関しては銀行側の手数料が必要になりますが、新規登録や退会はもちろんのこと、送金手数料や為替手数料も無料。

また、休眠口座管理手数料もかかりません。
このように、ユーザーフレンドリーという点に於いては決してエコペイズに劣らない特徴を持っているサービスであることが分かります。

ジパングカジノが採用しているからこその信頼

ジパングカジノが採用しているからこその信頼

ペイトラに関しては情報が少ないことから、本当に信用できるのかという眼差しを向けている人も多いことでしょう。
しかしジパングカジノが採用しているという点こそ、ペイトラが信頼できる機関である証明でもあります。

ジパングカジノは2004年よりオンラインカジノを営業しています。
これまでトラブルやアクシンデントもなく、世界中のオンラインカジノユーザーを楽しませてきた実績があります。

ジパングカジノに限らず、オンラインカジノは公平性が求められます。
ライセンスの取得は大前提ですが、第三者機関からの監査を受けるなど、ユーザーに対して信頼をアピールしています。
そんなジパングカジノが、入出金というユーザーにとって大切な部分に関して、怪しい業者を採用するとは考えにくいです。

もしもですが、ペイトラが怪しい業者で、ユーザー相手に不利益だけではなく、トラブルやアクシンデントを起こしてしまうようなことがあれば、ペイトラはもちろんですがジパングカジノの信頼にも傷をつけてしまいかねません。

それらを踏まえると、ペイトラは問題なく利用しても良い業者だと分かるのではないでしょうか。

ジパングカジノを楽しむならペイトラも選択肢の一つ!

ジパングカジノを楽しむならペイトラも選択肢の一つ!
ジパングカジノが採用しているという事実こそ、ペイトラが安心できる業者の証です。
しかし、そもそもジパングカジノではペイトラ一択ではなく、エコペイズでの入金・出金も可能です。

そのため、ペイトラだけに固執する必要はありません。
むしろ他のオンラインカジノの利用も検討しているのであれば、エコペイズの方が使い勝手が良いのも事実です。
エコペイズにせよペイトラにせよ、使い勝手に関しては差はありませんので、対応しているオンラインカジノや自分自身の好みで選んで問題ないでしょう。

オンラインカジノ初心者さんが知っておくべき注意点!

現在、日本を含む世界中で大人気のオンラインカジノですが、初めて遊ぶ初心者さんには色々と注意するべきことがあります。
実際のお金を賭けて遊ぶギャンブルですから、何の知識を持たずに遊んでしまうと、何かしらトラブルに巻き込まれたり、大きな損失を招いてしまうなど、「こんなハズじゃなかった」と後悔することになりかねません。

正しい注意点を知っておくことで、オンラインカジノは安心安全に楽しむことができます。
そこで今回の記事では、初めてオンラインカジノで遊ぼうと考えている初心者さんに向けて、知っておくべき注意点をまとめてみました。

違法オンラインカジノで遊ばない

違法オンラインカジノで遊ばない
オンラインカジノを日本国内で遊んでも決して違法ではありませんが、注意したいのはオンラインカジノ自体が違法の場合です。
インターネット上には、多数の違法オンラインカジノが存在しており、万が一そこで遊んでしまうと、数々の不正行為で大切な資金や個人情報を奪われる可能性があります。

パッと見では違法か合法かを判断することは難しいため、無闇に登録するのは裂けましょう。
大切なのはライセンスの有無で、オンラインカジノを運営するためには海外の政府関連機関よりライセンスを発行してもらう必要があります。

必ずライセンスを持つオンラインカジノで遊ぶようにしましょう。
ただしライセンスの発行国によって信頼性が大きく異なりますので、初心者の方は、日本でも有名な大手オンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。

インカジで遊ばない

インカジで遊ばない
オンラインカジノは「ライセンスを持つ合法オンラインカジノでパソコンやスマホを使ってプレイする」ことで違法性が問われることはありませんが、店舗型のオンラインカジノ、いわゆるインカジは違法です。

インカジには複数のパソコンが置かれており、全てオンラインカジノにアクセスな状態ですが、お金の入出金は全てスタッフとの手渡しになります。

これは完全なる賭博行為であり、インカジはもちろんのこと、そこで遊ぶ客も摘発対象となります。
同じオンラインカジノでも全く異なりますので、絶対にインカジで遊んではいけません。

オンラインカジノには年齢制限がある

遊ぶオンラインカジノを決めたら、次はそのオンラインカジノの年齢制限を満たしているかどうかを必ず確認しましょう。
オンラインカジノは未成年者の利用を禁止していますが、ライセンス発行国によって未成年者の年齢が異なるため、各オンラインカジノで年齢制限にも違いがあります。

どこのオンラインカジノも18歳未満は登録不可で、中には21歳以上でないと登録できないオンラインカジノもあります。
新規登録時に身分証明書の提示は必要無いことから、年齢を偽ってアカウントを作ることは可能ですが、それは止めておきましょう。

出金時に必ず身分証明書の提示が求められ、もし年齢詐称がバレてしまいと、アカウントの永久凍結、勝利金及び実際に入金したお金の没収など、非常に重たいペナルティが課せられます。

あとで後悔しないためにも、オンラインカジノの年齢制限はきちんと守りましょう。
オンラインカジノには年齢制限がある

ボーナスアビューザー認定に注意

オンラインカジノでは、リアルマネーと同じようにゲームへベット可能なボーナス進呈システムを採用しています。
新規で登録した時、初めて入金した時、プロモーション開催時など、様々な機会でボーナスがもらえ、出金条件さえ満たすことでキャッシュとして出金可能です。

ボーナスは誰でももらう権利はありますが、もし不正取得や不正使用をしてしまうと、ボーナス没収やアカウント凍結、勝利金没収などのペナルティが課せられることがあります。

いわゆるボーナスアビューザー(ボーナスを乱用する人)と呼ばれており、オンラインカジノにとっては好ましくないプレイヤーです。

ボーナスアビューザーに認定されないためにも、アカウントを複数作って同じボーナスをもらわない、入金ボーナスがもらえるプロモーション開催時に絞って入金しない、2ティアベット(全てのゲーム結果にベットする行為)やペイアウト率の高いゲームばかりで遊ばない、出金条件を満たす度にすぐ出金申請しないなどに注意しましょう。

まとめ

今回は、初めてオンラインカジノで遊ぼうと考えている初心者さんが知っておくべき注意点についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

オンラインカジノの運営はライセンス制であり、ライセンスを持たないオンラインカジノは全て違法サイトです。
またライセンスにより信頼性にも違いがありますので、必ずライセンスを持つ合法の大手オンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

そしてオンラインカジノには年齢制限が設けられており、18~21歳以上で無ければ遊ぶことはできません。
年齢を偽って登録しても最終的には必ずバレ、重いペナルティを課せられますのでご注意ください。
さらにボーナスを乱用するボーナスアビューザーに認定されてしまうと、アカウント凍結や勝利金・ボーナス没収などが課せられますので、ボーナスは正しく使いましょう。

パチスロよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由

ここ最近になってパチスロ人気も低迷してきていますが、それでもまだ一定のファンからは根強い人気があり、週末のパチンコ屋は大盛況です。
パチスロ人気が最も高かったのが4号機時代であり、老若男女問わずにその爆発力と一撃性能に魅了されていました。

つまり多くの人はパチスロに対して射幸心とギャンブル性を求めているのであり、勝ちにくく負けやすい最近のパチスロには興味を持たないのです。
だからこそ今おすすめしたいのがオンラインカジノのスロットで、パチスロ4号機時代をも圧倒的に凌ぐ射幸心とギャンブル性を持ち合わせています。
そこで今回は、パチスロで遊ぶよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

圧倒的な爆発力

圧倒的な爆発力
オンラインカジノのスロットにあってパチスロに無いのが、圧倒的な爆発力です。
最近のパチスロには「有利区間」と呼ばれる、当たりやすい区間が搭載されていますが、もし当選したとしても、得られる枚数は最大で2,400枚です。

2,400枚と言えば等価交換で48,000円程度で、お世辞にも夢があるとは言えません。
もちろん出玉よりもパチスロならではの演出やテクニックなどの楽しさを求めている人もいますが、冒頭でも書かせていただきましたように、多くの人は爆発力を求めています。

残念ながらパチスロの爆発力は下がっていく一方で、今後の規制が緩和されたとしても、4号機時代の爆発力が戻ってくることは無いでしょう。
だからこそおすすめなのがオンラインカジノのスロットで、1回の当たりで一撃数百円、数千万円、過去には数億円もの夢のような超大当たりも出ています。

このようなジャックポットだけではなく、ベースゲーム中(通常時)でも複数のペイアウトラインが絡むことで、小役であっても大量獲得が可能です。
このようにオンラインカジノのスロットには、パチスロでは到底不可能な圧倒的な爆発力があるのです。

RTともARTとも違うフリースピンボーナス

RTともARTとも違うフリースピンボーナス
パチスロと言えば、RT(リプレイタイム)やART(アシストリプレイタイム)などの付加機能が有名で、パチスロで勝つためには必要不可欠な存在です。
RTは出玉を減らすこと無くプレイ可能な機能であり、損失無くボーナスを引き当てられる可能性があります。

そしてARTとは、出玉を減らすこと無く少しずつ増やしていく機能であり、最近のパチスロではボーナスの一貫として搭載されています。
これら付加機能がパチスロの面白いところですが、結局は「現状維持」か「微増」ですので、残念ながら爽快感とギャンブル性は一切ありません。

オンラインカジノのスロットの多くは「フリースピンボーナス」という機能が付帯されており、これはARTの超強化版と言っても過言ではありません。
規定回数に到達するまでベットすることなく自動的にスピンし、たった数回転でジャックポットボーナスをも凌ぐ爆発力を見せてくれることもあります。

しかもほぼ毎スピンで配当があるため、爽快感は半端ではありません。
フリースピンボーナスは「クレジットを減らすこと無く怒涛の勢いで増加」するため、RTやARTの比ではありません。
ただし全く配当を得られず、ほぼ現状維持で終わってしまうこともありますのでご注意ください。

全てのプレイヤーに平等でテクニックも必要無し

全てのプレイヤーに平等でテクニックも必要無し
オンラインカジノのスロットには設定も無く、またテクニックも一切必要ありませんので、経験問わず全てのプレイヤーに平等です。
パチスロには基本6段階の設定が用意されており、店側の判断一つで客を負けさせることができますし、勝たせることも可能です。
ほぼ勝利が確定する設定6に座ることができれば嬉しいですが、実際のところ設定6を入れる店はほとんどありませんし、入れたとしても数台でしょう。

また一部のパチスロには目押しテクニックが必要で、目押しができないことで払い戻し金額が減り、結果的にペイアウト率を下げてしまいます。
しかしオンラインカジノのスロットには、不平等な設定機能はありませんし、自動的にリールは停止するので、目押しテクニックも必要ありません。
つまり台選びに時間的な余裕があり、なおかつ経験を積んだ人に有利なのがパチスロで、万人に平等なのがオンラインカジノのスロットなのです。

まとめ

今回は、パチスロで遊ぶよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由について3つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
どれだけオンラインカジノのスロットが、パチスロよりも有利で稼げるギャンブルなのかをご理解いただけたかと思います。
オンラインカジノのスロットには、パチスロには驚異的な爆発力を秘めており、一撃で数十万、数百万、数千万、時に数億円もの一攫千金のチャンスがあります。

数多くの制限と日本の法律上、パチスロでは絶対に不可能な爆発力があるのです。
そしてRTやARTのような現状維持や微増ではなく、オンラインカジノのスロットのフリースピンボーナスは、激増の爽快感を体験することができるでしょう。
また設定やテクニックに左右されることなく常に平等であるため、オンラインカジノのスロットは初心者にもおすすめです。

オンラインカジノで一攫千金の夢を叶えよう!

オンラインカジノというサービスについてご存じでしょうか?
ご自宅にあるスマホ、あるいはパソコンのインターネット環境さえあれば、誰でも本格的なカジノを楽しむことができるサービスのことです。
日本におけるギャンブルは競馬、競輪、ボートレースなどの公営ギャンブルとともに、パチンコ・パチスロなどが主なものとして挙げられますが、オンラインカジノの射幸性は、それらを遥かに凌ぎます。
正直一撃1000万円、なんてザラです。
しかも、ビデオスロット一回転でそれだけの高配当を得ることができるのです。
今の規制のかかったパチンコ、パチスロは勿論、射幸性が非常に高かった時代ものでも、そんな配当は不可能です。
しかし、オンラインカジノではそんな配当日常茶飯事なのです。
これからその夢溢れるオンラインカジノについてお伝えしていこうと思います。

ベラジョンカジノで人生を変えよう!

ベラジョンカジノで人生を変えよう!
オンラインカジノについて少しでも興味を持たれたことのある方は、ベラジョンカジノというカジノサービスについて、一度は目にされたことがあると思います。
このカジノはオンラインカジノ界でも、圧倒的ナンバー1の人気を誇るカジノで、初心者、ベテランユーザーともに最も多くの方に愛されています。
何故、愛され、支持されるのか?
幾つか理由をあげると、多くのゲームプロバイダとの契約を誇り、その為人気の機種、マイナーの機種問わず、ゲーム数が圧倒的に多いということがまず一点。
また、日本語サポートが完備されていて安心してプレイすることができたり、入出金手段が充実している点や、出金しやすいボーナスをはじめとした魅力的なプロモーションが随時開催されている点、など、挙げればキリがない程です。
ライセンスもキュラソー政府発行のライセンスを取得しているので、安全性が証明されています。
しかし、一番の理由は、他のカジノに比べて圧倒的に勝てるから、これに尽きます。
勝てなければ、段々とプレイユーザーが減少するのは当然ですが、毎月新規ユーザーが大量に登録し、ベラジョンカジノでカジノライフをスタートしています。

実際にベラジョンカジノで大勝している人の口コミを見てみましょう。
Twitterから抜粋

Aさん 11,372ドル → 23,941ドルです!12,000ドルほどプラスです!
Bさん ベラジョンカジノ、残高777円が234,426円に増加!
Cさん ベラジョンカジノ、所要時間6分で、162ドル!
Dベラジョンえぐすぎる…!一撃1,295,731円。数万で130万ほど稼げたことになる…!

など、信じられない程の大勝報告の数々に驚きです。
当たり前のように、100万円以上の配当が出まくっています。
これがベラジョンカジノの現実です。

ビデオスロットで大勝を狙え!

ベラジョンカジノで大勝する人の報告で多いのは、やはりビデオスロットです。
ルーレットや、バカラなどの王道で儲ける人も非常に多いですが、スロットに高額ベットして、高配当を得ている口コミが圧倒的に多いです。
日本のパチスロは1ゲームあたりの賭け金が定められておりますが、オンラインカジノにおける賭け金はユーザーによって設定できることになっています。
大抵のビデオスロットは、1ゲーム、100ドル(日本円で1万円以上)以上で回すことができるので、これに100倍以上の配当が付けば、簡単に100万円越えです。
機種によっては1000倍以上の配当もザラにありますので、先ほどの100万円以上の大勝報告が出てもおかしく無い訳です。
ビデオスロットで大勝を狙え!
オススメビデオスロットはファイヤーインザホール(Fire In The Hole)!
まずは基本情報からお伝えします。
スロット名 ファイヤーインザホール(Fire In The Hole)
ゲームプロバイダ Nolimit City
RTP(ペイアウト率) 96.06%
ベット額 $0.2~$16
最大倍率 60000倍

あれ?最大ベット額が16ドルじゃ、ビデオスロットの中では低いのではないか、そう思われた方も少なくないと思います。
しかし、最大倍率をご覧ください。
そう、60000倍です。
16×60000=960,000ドル、日本円でなんと、1億⒌60万円(1ドル110円の時)の高配当、というモンスターマシンです。
この機種で最高倍率を出すためのポイントはズバリ、フリースピンです。
フリースピンに突入して、この夢の扉の前に立てるのです。
しかし、フリースピンに突入しても精々100倍前後、それでも16ドル賭けで、1600ドルと高配当なのですが、中々60000倍まではいきません。
この夢を実現する鍵を握っているのが、フリースピン中のドワーフ図柄です。
これは、フリースピン中に獲得した倍率アイコンを毎ゲーム吸収し、マルチプライヤーに反映させ続けるというもので、仮に早めに100倍のアイコンを引き、ドワーフ図柄を引くと、毎ゲーム100倍乗せ続けてくれます。
こういう流れになれば、1000倍配当程度であれば、あっさり到達することができます。
是非、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ
オンラインカジノ、特にベラジョンカジノは大勝報告が多数確認されており、一撃で人生を変えるほどの高配当を獲得することができるポテンシャルを秘めた、素晴らしいカジノです。
その夢を追いかける為には、ファイヤーインザホール(Fire In The Hole)などの、一撃の夢溢れるビデオスロットをプレイして、TwitterなどのSNSで報告されているような大勝報告を遥かに超えるような高配当を目指しましょう!

ライブカジノは詐欺ではないのかを徹底検証してみた

ライブカジノはオンラインカジノの中でも人気を集めているゲームです。
従来の、いわゆる「ビデオゲーム」と呼ばれるタイプとは一線を画しており、リアルタイム通信が可能になったことから、コンピューターではない生身の人間を相手にすることができるようになりました。

しかし、人間相手だからこそ、一つの懸念も生まれています。
そうです、詐欺の可能性です。
そこでライブカジノで詐欺は行われていないのか、その点を掘り下げてみましょう。

オンラインカジノでは詐欺の可能性はほとんど0%

オンラインカジノでは詐欺の可能性はほとんど0%

ビデオゲームに関しては、詐欺の可能性は0%と考えてよいでしょう。
その理由として、オンラインカジノがライセンスを受けて運営されている点、さらにはビデオゲームを制作しているソフトウェア会社の多くが、第三者機関にて監査を受け、公平性を認められたうえでソフトウェアを「出荷」している点です。

実はオンラインカジノのゲームは、オンラインカジノの運営会社が製作しているものだとは限りません。
むしろオンラインカジノの運営会社とオンラインカジノのゲームの制作会社は別で、オンラインカジノの運営会社はソフトウェアから供給を受けてゲームを提供しています。

そのソフトウェアが独自に第三者から監査を受けているので、詐欺が介入できるものではありません。
むしろソフトウェア会社が独自に監査を受けていることから、運営サイドでさえゲームに介入できないものもあるほど。
つまり、外部からあれこれできるものではないので、プログラムで動くビデオゲームに関しては詐欺の可能性はほぼ「0」です。

ライブカジノは人間が対戦相手

ライブカジノは人間が対戦相手

しかしライブカジノはプログラムで動くものではなく、実際に人間を相手にすることになります。
つまり、コンピューターのように制御できるものではない、感情を持った人間が相手になります。
その点がライブカジノの醍醐味ではあるのですが、一方ではプレイヤーが見えないところで何らかの細工をしているのではないか。

上手くセットして、結局はプレイヤーが勝てないようになっているのではないか。
このような懸念を持つプレイヤーがいるのも、決して不思議ではありません。
ましてやリアルタイム通信ではあっても、実際に目の前にいる訳ではありません。
そこで何をされているのか、すべてを把握することは難しいでしょう。

オンラインカジノ側もプレイヤーの疑惑を分かっている

しかしオンラインカジノとしても、プレイヤーにそのような疑念を抱かれるであろうことは重々理解しています。
だからこそ、オンラインカジノの多くはライブカジノに関して、とある工夫をしています。
まずはカメラワーク。
プレイヤーから死角になる部分を作らないようカメラを設置しているだけではなく、カメラをあまり切り替えません。

なぜなら、カメラを切り替えるとその隙に何かしているのではないかとの疑念を生んでしまうことになりかねないからです。
そのため、ライブカジノでは基本的にカメラは固定で、かつズームになったりせず、基本的に同じ画面で展開されます。

ディーラーも不自然な動きをするのではなく、手元はできるかぎりカメラに映るようにしています。
つまり、プレイヤーから確認できる状態となっていますので、現実的に不正を行える余地はありません。

オンラインカジノ側もプレイヤーの疑惑を分かっている

ライブカジノでの不正が難しい理由

また、近年はPCにせよスマートフォンにせよ、画面を簡単に録画できます。
そのため、ライブカジノに関しても、プレイを録画しているプレイヤーがいても不思議ではありません。
つまり、仮にその場でプレイヤーを騙せたとしても、後から確認され「おかしい動きがある」「ここで不正をしているのではないか」と指摘される可能性があるのです。

いわばライブカジノのディーラーは、常に監視されている状態と言っても過言ではありませんので、このような状態の中で詐欺・不正を行う可能性は低いです。

オンラインカジノの経営母体も無関係ではない

オンラインカジノを運営する業者は様々ですが、中にはオンラインカジノ以外にもビジネスを行っている業者もいます。
むしろ老舗ともなれば、ホテルリゾート等、現実で大きな事業を行っており、業務の一環としてオンラインカジノを提供しているケースもありますが、仮にもしもそのような業者がライブカジノで不正を行い、露呈したとします。

その際の社会的なダメージは計り知れません。オンラインカジノでの不正が、現実でのビジネスにも影を落とすことにもなるでしょう。
これらを踏まえると、ライブカジノで詐欺が行われている可能性は限りなく0%だと考えることができます。

ライブカジノを楽しもう!

詐欺や不正、イカサマの可能性は、考える限りほぼ0%と考えることができるライブカジノ。
従来のオンラインカジノよりも臨場感のある時間を楽しめるライブカジノ。
ビデオゲームにマンネリを感じているプレイヤーや、新しい刺激を求めているプレイヤーは、ライブカジノにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

オンラインカジノへの入金でエコペイズを使うメリット

リアルマネーを使うオンラインカジノには入金手続きが必須ですが、多くの方々はクレジットカードや仮想通貨、銀行からの送金などを使っていると思います。
しかし最近、その便利さから利用者が増えているのがオンライン決済サービスで、大手のオンラインカジノをはじめ採用するところも急速に増えています。

その人気の秘密は信頼性の高いセキュリティシステムで、大切な資金を安全に管理してくれます。
そんなオンラインカジノで使うオンライン決済サービスの中で、利用者が増えているのが、ここで紹介するエコペイズで、世界中に普及しており、ほとんどのオンラインカジノに対応しています。
ここではエコペイズを実際に使うと、どのようなメリットが得られるのかを詳しく解説していくので、オンラインカジノ用にオンライン決済サービスの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

大手オンラインカジノが導入という信頼の実績

大手オンラインカジノが導入という信頼の実績
エコペイズの信頼の証は、なんといってもその普及率の高さで、世界中の大手オンラインカジノがエコペイズに対応しています。
実際の普及率ですが、オンラインカジノ業界の約80%がすでにエコペイズに対応済で、その中には大手オンラインカジノはもちろん含まれ、これからも増える見通しです。

ギャンブル好きの方は、複数のオンラインカジノに登録していることも多いと思いますが、
エコペイズを使えば、すべてのオンラインカジノの資金管理を一元化するという大きなメリットが得られます。
このメリットは、圧倒的な普及率を誇るエコペイズだからこそ可能となっており、多くのオンラインカジノでの導入実績がそれを物語っています。

英語不要!すべて日本語対応で安心安全

英語不要!すべて日本語対応で安心安全
海外のイギリスを拠点とし世界中にサービスを展開するエコペイズですが、なんと日本語にも完全対応するという親切さです。
国際的なオンライン決済サービスというと、英語が共通言語というのが普通でしたが、エコペイズに関しては、専用ウェブサイトはすべて日本語表記となっており、さらにスマホ用のAndroidとiOSの専用アプリに関しても日本語化されいて、安心してお使いいただけます。

さらにウェブサイトやアプリの表記だけでなく、トラブル時に問い合わせることができるサポートサービスに関しても日本語対応が可能となっており、日本企業とまったく遜色ないサービスを受けられます。

高い信頼性で安心を提供するエコペイズ

世界中で普及しているエコペイズは、イギリスを拠点とする「PSI-Pay Ltd」という企業の運営で、欧州においても信頼と実績のある企業として知られています。
このエコペイズを運営するPSI-Pay Ltdは、2013年に事業に必要な認可をイギリス政府機関である「FCA(Financial Conduct Authority)」から承認されています。

2008年にPSI-Pay Ltdがエコペイズのサービスを開始してから、どんどんと規模は拡大していき、現在は世界130カ国以上で事業を展開し、日本円を含む45種類にも及ぶ通貨に対応済となっています。
これだけ世界中に普及し成長を続けているのは、言うまでもなくエコペイズの高い信頼性の証であり、大きな障害などのトラブルもなく、多くの顧客から安全安心の評価を得ているからにほかなりません。

エコペイズは入金だけでなく出金もできる

エコペイズとほかの入金手段との最大の違いは、オンラインカジノで得た配当金の出金にも対応しているということです。
ご存知のようにオンラインカジノにはユーザーのニーズに応じた多様な入出金方法に対応していますが、クレジットカードは入金に特化し、銀行送金も原則的に出金しかできません。

つまり入金用と出金用に、2つのサービスをわざわざ使い分けないといけないとことです。
しかしエコペイズを使えば、この面倒な入出金手続きを一元化して行うことができ、オンラインカジノで使う資金管理を簡素化することが可能なのです。

豊富な入金方法を選べるエコペイズ

豊富な入金方法を選べるエコペイズ
オンラインカジノへエコペイズから入金する際は、エコペイズにアカウントに必要な金額を入金し準備しておくことが必要です。
エコペイズへの入金は3種類の方法があり、銀行振込と仮想通貨、プリペイド決済から選択できます。

一番手軽なのは使い慣れた銀行座からの銀行振込で、手数料はかかりますが銀行口座からエコペイズに直接入金が可能です。
今すぐオンラインカジノに入金が必要という場合は、プリペイド決済がおすすめですが、銀行振込でも即日か数日以内に反映されるので、不便さは感じないでしょう。

まとめ

オンラインカジノにエコペイズを利用して入出金を行うメリットを解説してきましたが、手続きを一元化するメリットがどれだけ便利かご理解いただけたしょうか?
世界中のオンラインカジノの80%が採用するエコペイズは日本語対応も問題なく、初めてオンライン決済サービスを使う方にも問題ありません。

イギリス政府機関が承認した高い信頼性と、柔軟な入出金方法はエコペイズの大きな特徴となっており、世界中の多くのユーザーから支持を得ています。
もしオンラインカジノ用のオンライン決済サービスを検討しているのなら、エコペイズを強くおすすめします。

マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴

最終的には必ず勝てるマーチンゲール法ですが、残念ながら失敗するパターンもありますし、マーチンゲール法で負ける人にはある特徴があります。
負けても倍プッシュを続け、一度でも勝てばその時点で収益が確定する攻略法なのに、どうして負けてしまうのか気になるところです。

マーチンゲール法やオンラインカジノのルールについて詳しい方でしたらすでに理解しているかと思いますが、攻略法もオンラインカジノも初心者となると、疑問に感じることでしょう。

そこで今回の記事では、マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴についてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。
効果絶大なマーチンゲール法も、場合によっては負けることもあるのです。

連敗が続いて資金が尽きた時

連敗が続いて資金が尽きた時
マーチンゲール法は、負ければ倍プッシュという特性上、連敗が続くことでどんどんとベット金額が増えていきます。
例えば1ドルをベットした場合、もし負けてしまっても次は2ドルのみですが、その次には4ドル、さらに8ドル、16ドルと増えていきます。

100ドルからはあっという間に1,000ドルに到達し、そこからも5,000ドル10,000ドルと前半では考えられないようなスピードで資金を失っていきます。
もし資金が100ドルで初回1ドルをベットしますと、6連敗で63ドルを失いますので、7ゲーム目に必要な64ドルをベットすることができなくなります。
資金が尽きた時点でマーチンゲール法は失敗となり、負けが確定します。

ベットリミットに到達してしまった時

ベットリミットに到達してしまった時
オンラインカジノのゲームにはベットリミットと呼ばれる、ベット可能な最大金額が決められており、ベットリミットを超えるベットはできません。
例えばベットリミット10,000ドルであった場合、10,000ドルのベットは可能ですが、10,001ドルをベットしようと思っても不可能です。
マーチンゲール法というのは、ベット金額が倍々ゲームで増えていきますので、たとえ1ドルから始めても、13連敗することで8,191ドルが必要です。

その結果、ベットリミットに到達し、14ゲーム目の16,382ドルをベットすることができずに負けが確定してしまいます。
13連敗する確率は0.016%と非常に低い数字ではありますが、0%で無い限りは到達する可能性は十分にあるのです。

マーチンゲール法の法則を無視する人

マーチンゲール法の法則を無視する人
マーチンゲール法を含め全ての攻略法には、従うべき法則があり、この法則を無視するのが負ける人の特徴です。
マーチンゲール法の場合、負けたら倍プッシュという法則があるのですから、どれだけ勝っていても、どれだけ負けていても、絶対に崩してはいけないのです。
例えばマーチンゲール法の調子がよく、3連敗以内には必ず勝っている時に「今は運が来てるから」という根拠のない自信から、途中でベット金額を何倍にも増やしてしまう人がいます。

逆に大きく負けている時に「次のゲームこそは絶対に的中する」という心理が働き、次ゲームのベット金額を増やす人もいます。
これでは本末転倒であり、せっかくのマーチンゲール法のロジカルが崩壊してしまいます。

損切りができない人

理論上では100%勝てるマーチンゲール法ですが、あくまでも卓上の理論であり、資金ショートやベットリミットが要因となって負けることもあります。
負けた時、人というのはそれを取り返そうと無茶なギャンブルを仕掛けることがありますが、そのような人は胴元にとって優良客と言っても過言ではありません。

大切なのは、負けを取り戻す「挑戦」ではなく、負けを認める「覚悟」です。
これはギャンブルに限らず、あらゆる株式やFXなどの投資にも同じことが言え、損切りができない人は、いつまで経っても資金を増やすことはできません。

特にマーチンゲール法という「塵も積もれば山となる」の攻略法なのですから、たった一回の損切りができなかったために、損失が大きく膨らんでしまうことがあります。
「いくら資金を使ったら損切りする」「何連敗したら損切りする」のように、マーチンゲール法を実践する前に、必ず損切りするタイミングを決めておくことが大切です。

まとめ

今回は、マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
マーチンゲール法は理論上100%勝てる攻略法ではありますが、連敗が続いて資金が尽きた時とベットリミットに到達してしまった時に、負ける可能性があります。

よほど資金に余裕のある億万長者でしたら話は別ですが、普通の人はマーチンゲール法に使える資金に限界があるものです。
そしてオンラインカジノには必ずベットリミットが設定されている理由から、マーチンゲール法も100%勝てる攻略法ではないと理解しましょう。

またマーチンゲール法の法則を無視する人や損切りができない人も、マーチンゲール法で負ける原因となります。
どんなモノにも完璧という言葉は存在しなく、完璧であればあるほど、ちょっとしたことが原因でもろく崩れ去ってしまうものです。
以上のことから、まず失敗するパターンを理解し、次に負ける人の特徴を知ることで、マーチンゲール法での勝率が大幅にアップすること間違いありません。