オンラインカジノ雑学」カテゴリーアーカイブ

パチスロよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由

ここ最近になってパチスロ人気も低迷してきていますが、それでもまだ一定のファンからは根強い人気があり、週末のパチンコ屋は大盛況です。
パチスロ人気が最も高かったのが4号機時代であり、老若男女問わずにその爆発力と一撃性能に魅了されていました。

つまり多くの人はパチスロに対して射幸心とギャンブル性を求めているのであり、勝ちにくく負けやすい最近のパチスロには興味を持たないのです。
だからこそ今おすすめしたいのがオンラインカジノのスロットで、パチスロ4号機時代をも圧倒的に凌ぐ射幸心とギャンブル性を持ち合わせています。
そこで今回は、パチスロで遊ぶよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

圧倒的な爆発力

圧倒的な爆発力
オンラインカジノのスロットにあってパチスロに無いのが、圧倒的な爆発力です。
最近のパチスロには「有利区間」と呼ばれる、当たりやすい区間が搭載されていますが、もし当選したとしても、得られる枚数は最大で2,400枚です。

2,400枚と言えば等価交換で48,000円程度で、お世辞にも夢があるとは言えません。
もちろん出玉よりもパチスロならではの演出やテクニックなどの楽しさを求めている人もいますが、冒頭でも書かせていただきましたように、多くの人は爆発力を求めています。

残念ながらパチスロの爆発力は下がっていく一方で、今後の規制が緩和されたとしても、4号機時代の爆発力が戻ってくることは無いでしょう。
だからこそおすすめなのがオンラインカジノのスロットで、1回の当たりで一撃数百円、数千万円、過去には数億円もの夢のような超大当たりも出ています。

このようなジャックポットだけではなく、ベースゲーム中(通常時)でも複数のペイアウトラインが絡むことで、小役であっても大量獲得が可能です。
このようにオンラインカジノのスロットには、パチスロでは到底不可能な圧倒的な爆発力があるのです。

RTともARTとも違うフリースピンボーナス

RTともARTとも違うフリースピンボーナス
パチスロと言えば、RT(リプレイタイム)やART(アシストリプレイタイム)などの付加機能が有名で、パチスロで勝つためには必要不可欠な存在です。
RTは出玉を減らすこと無くプレイ可能な機能であり、損失無くボーナスを引き当てられる可能性があります。

そしてARTとは、出玉を減らすこと無く少しずつ増やしていく機能であり、最近のパチスロではボーナスの一貫として搭載されています。
これら付加機能がパチスロの面白いところですが、結局は「現状維持」か「微増」ですので、残念ながら爽快感とギャンブル性は一切ありません。

オンラインカジノのスロットの多くは「フリースピンボーナス」という機能が付帯されており、これはARTの超強化版と言っても過言ではありません。
規定回数に到達するまでベットすることなく自動的にスピンし、たった数回転でジャックポットボーナスをも凌ぐ爆発力を見せてくれることもあります。

しかもほぼ毎スピンで配当があるため、爽快感は半端ではありません。
フリースピンボーナスは「クレジットを減らすこと無く怒涛の勢いで増加」するため、RTやARTの比ではありません。
ただし全く配当を得られず、ほぼ現状維持で終わってしまうこともありますのでご注意ください。

全てのプレイヤーに平等でテクニックも必要無し

全てのプレイヤーに平等でテクニックも必要無し
オンラインカジノのスロットには設定も無く、またテクニックも一切必要ありませんので、経験問わず全てのプレイヤーに平等です。
パチスロには基本6段階の設定が用意されており、店側の判断一つで客を負けさせることができますし、勝たせることも可能です。
ほぼ勝利が確定する設定6に座ることができれば嬉しいですが、実際のところ設定6を入れる店はほとんどありませんし、入れたとしても数台でしょう。

また一部のパチスロには目押しテクニックが必要で、目押しができないことで払い戻し金額が減り、結果的にペイアウト率を下げてしまいます。
しかしオンラインカジノのスロットには、不平等な設定機能はありませんし、自動的にリールは停止するので、目押しテクニックも必要ありません。
つまり台選びに時間的な余裕があり、なおかつ経験を積んだ人に有利なのがパチスロで、万人に平等なのがオンラインカジノのスロットなのです。

まとめ

今回は、パチスロで遊ぶよりもオンラインカジノのスロットをおすすめする理由について3つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
どれだけオンラインカジノのスロットが、パチスロよりも有利で稼げるギャンブルなのかをご理解いただけたかと思います。
オンラインカジノのスロットには、パチスロには驚異的な爆発力を秘めており、一撃で数十万、数百万、数千万、時に数億円もの一攫千金のチャンスがあります。

数多くの制限と日本の法律上、パチスロでは絶対に不可能な爆発力があるのです。
そしてRTやARTのような現状維持や微増ではなく、オンラインカジノのスロットのフリースピンボーナスは、激増の爽快感を体験することができるでしょう。
また設定やテクニックに左右されることなく常に平等であるため、オンラインカジノのスロットは初心者にもおすすめです。

ライブカジノは詐欺ではないのかを徹底検証してみた

ライブカジノはオンラインカジノの中でも人気を集めているゲームです。
従来の、いわゆる「ビデオゲーム」と呼ばれるタイプとは一線を画しており、リアルタイム通信が可能になったことから、コンピューターではない生身の人間を相手にすることができるようになりました。

しかし、人間相手だからこそ、一つの懸念も生まれています。
そうです、詐欺の可能性です。
そこでライブカジノで詐欺は行われていないのか、その点を掘り下げてみましょう。

オンラインカジノでは詐欺の可能性はほとんど0%

オンラインカジノでは詐欺の可能性はほとんど0%

ビデオゲームに関しては、詐欺の可能性は0%と考えてよいでしょう。
その理由として、オンラインカジノがライセンスを受けて運営されている点、さらにはビデオゲームを制作しているソフトウェア会社の多くが、第三者機関にて監査を受け、公平性を認められたうえでソフトウェアを「出荷」している点です。

実はオンラインカジノのゲームは、オンラインカジノの運営会社が製作しているものだとは限りません。
むしろオンラインカジノの運営会社とオンラインカジノのゲームの制作会社は別で、オンラインカジノの運営会社はソフトウェアから供給を受けてゲームを提供しています。

そのソフトウェアが独自に第三者から監査を受けているので、詐欺が介入できるものではありません。
むしろソフトウェア会社が独自に監査を受けていることから、運営サイドでさえゲームに介入できないものもあるほど。
つまり、外部からあれこれできるものではないので、プログラムで動くビデオゲームに関しては詐欺の可能性はほぼ「0」です。

ライブカジノは人間が対戦相手

ライブカジノは人間が対戦相手

しかしライブカジノはプログラムで動くものではなく、実際に人間を相手にすることになります。
つまり、コンピューターのように制御できるものではない、感情を持った人間が相手になります。
その点がライブカジノの醍醐味ではあるのですが、一方ではプレイヤーが見えないところで何らかの細工をしているのではないか。

上手くセットして、結局はプレイヤーが勝てないようになっているのではないか。
このような懸念を持つプレイヤーがいるのも、決して不思議ではありません。
ましてやリアルタイム通信ではあっても、実際に目の前にいる訳ではありません。
そこで何をされているのか、すべてを把握することは難しいでしょう。

オンラインカジノ側もプレイヤーの疑惑を分かっている

しかしオンラインカジノとしても、プレイヤーにそのような疑念を抱かれるであろうことは重々理解しています。
だからこそ、オンラインカジノの多くはライブカジノに関して、とある工夫をしています。
まずはカメラワーク。
プレイヤーから死角になる部分を作らないようカメラを設置しているだけではなく、カメラをあまり切り替えません。

なぜなら、カメラを切り替えるとその隙に何かしているのではないかとの疑念を生んでしまうことになりかねないからです。
そのため、ライブカジノでは基本的にカメラは固定で、かつズームになったりせず、基本的に同じ画面で展開されます。

ディーラーも不自然な動きをするのではなく、手元はできるかぎりカメラに映るようにしています。
つまり、プレイヤーから確認できる状態となっていますので、現実的に不正を行える余地はありません。

オンラインカジノ側もプレイヤーの疑惑を分かっている

ライブカジノでの不正が難しい理由

また、近年はPCにせよスマートフォンにせよ、画面を簡単に録画できます。
そのため、ライブカジノに関しても、プレイを録画しているプレイヤーがいても不思議ではありません。
つまり、仮にその場でプレイヤーを騙せたとしても、後から確認され「おかしい動きがある」「ここで不正をしているのではないか」と指摘される可能性があるのです。

いわばライブカジノのディーラーは、常に監視されている状態と言っても過言ではありませんので、このような状態の中で詐欺・不正を行う可能性は低いです。

オンラインカジノの経営母体も無関係ではない

オンラインカジノを運営する業者は様々ですが、中にはオンラインカジノ以外にもビジネスを行っている業者もいます。
むしろ老舗ともなれば、ホテルリゾート等、現実で大きな事業を行っており、業務の一環としてオンラインカジノを提供しているケースもありますが、仮にもしもそのような業者がライブカジノで不正を行い、露呈したとします。

その際の社会的なダメージは計り知れません。オンラインカジノでの不正が、現実でのビジネスにも影を落とすことにもなるでしょう。
これらを踏まえると、ライブカジノで詐欺が行われている可能性は限りなく0%だと考えることができます。

ライブカジノを楽しもう!

詐欺や不正、イカサマの可能性は、考える限りほぼ0%と考えることができるライブカジノ。
従来のオンラインカジノよりも臨場感のある時間を楽しめるライブカジノ。
ビデオゲームにマンネリを感じているプレイヤーや、新しい刺激を求めているプレイヤーは、ライブカジノにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

オンラインカジノへの入金でエコペイズを使うメリット

リアルマネーを使うオンラインカジノには入金手続きが必須ですが、多くの方々はクレジットカードや仮想通貨、銀行からの送金などを使っていると思います。
しかし最近、その便利さから利用者が増えているのがオンライン決済サービスで、大手のオンラインカジノをはじめ採用するところも急速に増えています。

その人気の秘密は信頼性の高いセキュリティシステムで、大切な資金を安全に管理してくれます。
そんなオンラインカジノで使うオンライン決済サービスの中で、利用者が増えているのが、ここで紹介するエコペイズで、世界中に普及しており、ほとんどのオンラインカジノに対応しています。
ここではエコペイズを実際に使うと、どのようなメリットが得られるのかを詳しく解説していくので、オンラインカジノ用にオンライン決済サービスの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

大手オンラインカジノが導入という信頼の実績

大手オンラインカジノが導入という信頼の実績
エコペイズの信頼の証は、なんといってもその普及率の高さで、世界中の大手オンラインカジノがエコペイズに対応しています。
実際の普及率ですが、オンラインカジノ業界の約80%がすでにエコペイズに対応済で、その中には大手オンラインカジノはもちろん含まれ、これからも増える見通しです。

ギャンブル好きの方は、複数のオンラインカジノに登録していることも多いと思いますが、
エコペイズを使えば、すべてのオンラインカジノの資金管理を一元化するという大きなメリットが得られます。
このメリットは、圧倒的な普及率を誇るエコペイズだからこそ可能となっており、多くのオンラインカジノでの導入実績がそれを物語っています。

英語不要!すべて日本語対応で安心安全

英語不要!すべて日本語対応で安心安全
海外のイギリスを拠点とし世界中にサービスを展開するエコペイズですが、なんと日本語にも完全対応するという親切さです。
国際的なオンライン決済サービスというと、英語が共通言語というのが普通でしたが、エコペイズに関しては、専用ウェブサイトはすべて日本語表記となっており、さらにスマホ用のAndroidとiOSの専用アプリに関しても日本語化されいて、安心してお使いいただけます。

さらにウェブサイトやアプリの表記だけでなく、トラブル時に問い合わせることができるサポートサービスに関しても日本語対応が可能となっており、日本企業とまったく遜色ないサービスを受けられます。

高い信頼性で安心を提供するエコペイズ

世界中で普及しているエコペイズは、イギリスを拠点とする「PSI-Pay Ltd」という企業の運営で、欧州においても信頼と実績のある企業として知られています。
このエコペイズを運営するPSI-Pay Ltdは、2013年に事業に必要な認可をイギリス政府機関である「FCA(Financial Conduct Authority)」から承認されています。

2008年にPSI-Pay Ltdがエコペイズのサービスを開始してから、どんどんと規模は拡大していき、現在は世界130カ国以上で事業を展開し、日本円を含む45種類にも及ぶ通貨に対応済となっています。
これだけ世界中に普及し成長を続けているのは、言うまでもなくエコペイズの高い信頼性の証であり、大きな障害などのトラブルもなく、多くの顧客から安全安心の評価を得ているからにほかなりません。

エコペイズは入金だけでなく出金もできる

エコペイズとほかの入金手段との最大の違いは、オンラインカジノで得た配当金の出金にも対応しているということです。
ご存知のようにオンラインカジノにはユーザーのニーズに応じた多様な入出金方法に対応していますが、クレジットカードは入金に特化し、銀行送金も原則的に出金しかできません。

つまり入金用と出金用に、2つのサービスをわざわざ使い分けないといけないとことです。
しかしエコペイズを使えば、この面倒な入出金手続きを一元化して行うことができ、オンラインカジノで使う資金管理を簡素化することが可能なのです。

豊富な入金方法を選べるエコペイズ

豊富な入金方法を選べるエコペイズ
オンラインカジノへエコペイズから入金する際は、エコペイズにアカウントに必要な金額を入金し準備しておくことが必要です。
エコペイズへの入金は3種類の方法があり、銀行振込と仮想通貨、プリペイド決済から選択できます。

一番手軽なのは使い慣れた銀行座からの銀行振込で、手数料はかかりますが銀行口座からエコペイズに直接入金が可能です。
今すぐオンラインカジノに入金が必要という場合は、プリペイド決済がおすすめですが、銀行振込でも即日か数日以内に反映されるので、不便さは感じないでしょう。

まとめ

オンラインカジノにエコペイズを利用して入出金を行うメリットを解説してきましたが、手続きを一元化するメリットがどれだけ便利かご理解いただけたしょうか?
世界中のオンラインカジノの80%が採用するエコペイズは日本語対応も問題なく、初めてオンライン決済サービスを使う方にも問題ありません。

イギリス政府機関が承認した高い信頼性と、柔軟な入出金方法はエコペイズの大きな特徴となっており、世界中の多くのユーザーから支持を得ています。
もしオンラインカジノ用のオンライン決済サービスを検討しているのなら、エコペイズを強くおすすめします。

マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴

最終的には必ず勝てるマーチンゲール法ですが、残念ながら失敗するパターンもありますし、マーチンゲール法で負ける人にはある特徴があります。
負けても倍プッシュを続け、一度でも勝てばその時点で収益が確定する攻略法なのに、どうして負けてしまうのか気になるところです。

マーチンゲール法やオンラインカジノのルールについて詳しい方でしたらすでに理解しているかと思いますが、攻略法もオンラインカジノも初心者となると、疑問に感じることでしょう。

そこで今回の記事では、マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴についてまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。
効果絶大なマーチンゲール法も、場合によっては負けることもあるのです。

連敗が続いて資金が尽きた時

連敗が続いて資金が尽きた時
マーチンゲール法は、負ければ倍プッシュという特性上、連敗が続くことでどんどんとベット金額が増えていきます。
例えば1ドルをベットした場合、もし負けてしまっても次は2ドルのみですが、その次には4ドル、さらに8ドル、16ドルと増えていきます。

100ドルからはあっという間に1,000ドルに到達し、そこからも5,000ドル10,000ドルと前半では考えられないようなスピードで資金を失っていきます。
もし資金が100ドルで初回1ドルをベットしますと、6連敗で63ドルを失いますので、7ゲーム目に必要な64ドルをベットすることができなくなります。
資金が尽きた時点でマーチンゲール法は失敗となり、負けが確定します。

ベットリミットに到達してしまった時

ベットリミットに到達してしまった時
オンラインカジノのゲームにはベットリミットと呼ばれる、ベット可能な最大金額が決められており、ベットリミットを超えるベットはできません。
例えばベットリミット10,000ドルであった場合、10,000ドルのベットは可能ですが、10,001ドルをベットしようと思っても不可能です。
マーチンゲール法というのは、ベット金額が倍々ゲームで増えていきますので、たとえ1ドルから始めても、13連敗することで8,191ドルが必要です。

その結果、ベットリミットに到達し、14ゲーム目の16,382ドルをベットすることができずに負けが確定してしまいます。
13連敗する確率は0.016%と非常に低い数字ではありますが、0%で無い限りは到達する可能性は十分にあるのです。

マーチンゲール法の法則を無視する人

マーチンゲール法の法則を無視する人
マーチンゲール法を含め全ての攻略法には、従うべき法則があり、この法則を無視するのが負ける人の特徴です。
マーチンゲール法の場合、負けたら倍プッシュという法則があるのですから、どれだけ勝っていても、どれだけ負けていても、絶対に崩してはいけないのです。
例えばマーチンゲール法の調子がよく、3連敗以内には必ず勝っている時に「今は運が来てるから」という根拠のない自信から、途中でベット金額を何倍にも増やしてしまう人がいます。

逆に大きく負けている時に「次のゲームこそは絶対に的中する」という心理が働き、次ゲームのベット金額を増やす人もいます。
これでは本末転倒であり、せっかくのマーチンゲール法のロジカルが崩壊してしまいます。

損切りができない人

理論上では100%勝てるマーチンゲール法ですが、あくまでも卓上の理論であり、資金ショートやベットリミットが要因となって負けることもあります。
負けた時、人というのはそれを取り返そうと無茶なギャンブルを仕掛けることがありますが、そのような人は胴元にとって優良客と言っても過言ではありません。

大切なのは、負けを取り戻す「挑戦」ではなく、負けを認める「覚悟」です。
これはギャンブルに限らず、あらゆる株式やFXなどの投資にも同じことが言え、損切りができない人は、いつまで経っても資金を増やすことはできません。

特にマーチンゲール法という「塵も積もれば山となる」の攻略法なのですから、たった一回の損切りができなかったために、損失が大きく膨らんでしまうことがあります。
「いくら資金を使ったら損切りする」「何連敗したら損切りする」のように、マーチンゲール法を実践する前に、必ず損切りするタイミングを決めておくことが大切です。

まとめ

今回は、マーチンゲール法で失敗するパターンや負ける人に見られる特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
マーチンゲール法は理論上100%勝てる攻略法ではありますが、連敗が続いて資金が尽きた時とベットリミットに到達してしまった時に、負ける可能性があります。

よほど資金に余裕のある億万長者でしたら話は別ですが、普通の人はマーチンゲール法に使える資金に限界があるものです。
そしてオンラインカジノには必ずベットリミットが設定されている理由から、マーチンゲール法も100%勝てる攻略法ではないと理解しましょう。

またマーチンゲール法の法則を無視する人や損切りができない人も、マーチンゲール法で負ける原因となります。
どんなモノにも完璧という言葉は存在しなく、完璧であればあるほど、ちょっとしたことが原因でもろく崩れ去ってしまうものです。
以上のことから、まず失敗するパターンを理解し、次に負ける人の特徴を知ることで、マーチンゲール法での勝率が大幅にアップすること間違いありません。