ペイトラの安全性と自分でできる入金リスク管理法

ペイトラの安全性と自分でできる入金リスク管理法

オンラインカジノは、ゲームとはいえ、実際にあなたのお金をオンライン上に預けてプレイします。
当然のことですが、本場のカジノと同じように、ゲームに勝てばお金が増えますし、ゲームに負ければお金が無くなります。

このゲームの勝ち負けによって生じる損失については、あくまでも自己管理の範囲で、「損失を出さないためにはどうすればよいですか?」という質問は、攻略法などはあったとしても、あまり的をえた質問ではありません。

しかし、そのゲームも勝ち負けではなく、何らかのトラブルによって、オンラインカジノ上に預けていたお金が無くなるなんて、絶対に避けなければなりません。
オンライン上でお金のやり取りをする以上、「安全性」がとても大事なのです。

今回は、電子決済サービス「Paytra(ペイトラ)」について、「入金時の安全性」という観点に絞ってご紹介させていただきます。

どんなリスクがあるのか?

そもそも、オンラインカジノへ入金するとき、起こりうるリスク(金銭的な被害をこうむる可能性が)とは一体どんなものがあるのでしょうか。
まずは、いくつか例を挙げてみていきます。

・入金したはずのお金が反映されずに消えた!?
どんなリスクがあるのか
オンラインカジノへ入金する際、指定した口座への入金手続きを済ませて送金したはずなのに、何日たっても金額が反映されない、といったケースが想定されます。
たとえば、ビットコインを使って、オンラインカジノの口座に入金する場合、送金先のアドレスをもらい、そこへ送金する手続きを行います。

しかし、このアドレスの入を間違えて送金処理をしてしまうと、なんとそのビットコインは行方不明になってしまうのです。
決してエラーで返金されることもなく、もちろん指定の口座にも入らない、ただただお金を失う、ということがあり得るのです。

これはそもそも、ユーザー側の人為的なミスではありますが、慎重に確認するとはいえ、このようなリスクが潜んでいるということは、安全性を優先した入金方法を取りたい方からすると、あまり選ばない方が良いかもしれません。

・ハッカーによる攻撃
ペイトラをはじめとする電子決済サービスは、銀行口座のお金をオンライン上で、決済サービスの口座に一度移すという工程を挟みます。
残念ながら、ここにもリスクがあります。

悪質なハッカーが決済サービスを攻撃すれば、不正にお金を引き出されてしまうという危険があります。
セキュリティーは十分に固めているので基本問題ありませんが、可能性がゼロとは言い切れないでしょう。

オンラインカジノに入金するという行為には、このようなリスクがあるということを、まずは覚えておいてください。

ペイトラの安全性は他と比べて大丈夫?!

ペイトラの安全性は他と比べて大丈夫
では、ペイトラを使って、入金するときに、安全性についてみていきます。
ペイトラは、一度オンライン上のペイトラの口座にお金を移してから、オンラインカジノへ入金する決済システムです。

他の電子決済サービスと同様に、ペイトラもオンラインカジノへの入金、オンラインカジノからの出金処理をすることができるのですが、ペイトラ最大のメリットは、「手数料無料」という点です。
(※指定された銀行口座への振込手数料以外)手数料がかからないということは、手軽に入金・出金の処理ができるということです。

アイウォレットやエコペイズももちろん、出入金処理はできますが、手数料がかなりかかってしまいます。

そのため、こまめに手続きをするというよりも、どうしても大きな金額を動かす必要なあるときにまとめて処理するという形になりがちです。
一方、ペイトラの場合は、たとえ少額であったとしても、手数料かからずお金の出し入れができるため、オンライン上に余分なお金をためておく必要がありません。

この点が、他のサービスと比較したときに、ペイトラが安全性の面で一つ特徴が出せているところになります。

どのサービスも万全のセキュリティーで管理しているはずですが、ハッカーによる攻撃が100%あり得ないとは、残念ながら断言することができない今、口座においておく金額を最低限にしておけるという点は、安全性の観点からみても評価できると思います。
自身の力で、きちんと管理すれば、安全にお金を管理することができます。

ちなみに一番安全性の高い入金方法は

最も安全性の高い入金方法は、おそらく「銀行振り込み」です。
他の媒体を挟まず、直接オンラインカジノの口座へ入金できるため、1ステップ分リスクを回避することができます。
また、使っている銀行口座は人それぞれですが、そのセキュリティーは他業界と比べて極めて高いと言えるでしょう。

パスワードが漏えいしていない限り、銀行口座から不正にお金がとられるということはまずありえません。
また、冒頭ビットコインのケースで例を挙げた振込先を間違えてしまった場合も、銀行振り込みの場合、行方不明になることなく、「エラー」として、ちゃんとそのまま返ってきます。

ただ、銀行からの直接振り込みができるオンラインカジノの数自体がまだ少ない(188BET・クリーンカジノ等)ので、うまく使い分けてみて下さい。

いかがでしたでしょうか。
オンライン上でお金を動かす以上、どんな方法を使ったとしてもリスクが0%になることは、残念ながらありません。

しかし、その確率を限りなく0に近づける方法を選ぶことは可能ですし、利便性の高い電子決済サービスも今後、より使われるケースが増えてくるでしょう。
そんな中で、今回紹介した「ペイトラ」は、自己管理をきちんと行えば、他のサービズよりもリスクを減らしやすいサービスと評価できますので、興味のある方は、一度詳しく調べてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です