オンラインカジノのイカサマを見抜くコツ

オンラインカジノのイカサマを見抜くコツ

オンラインカジノは海外のサービスです。
この海外という響きから一部の方は怪しい、詐欺がありそう、そんなイメージを持つかもしれません。
さらにカジノと続けばイカサマが横行してるのでは、と思う方も少なくないはずです。

実際にオンラインカジノの一部では詐欺やイカサマが横行しているのは事実です。
しかし、それは一部であり、きちんとしたオンラインカジノであれば、そういったことを心配することなく安心してプレイできます。

今回、より安全に、安心してオンラインカジノをプレイできるように、そもそもオンラインカジノの詐欺とはどんなものなのか、イカサマや詐欺が行われていない目安とはどんなものか、そしてイカサマや詐欺でないもののそう感じてしまう出金時のトラブルに関する話題を解説します。

これを読めばきっとオンラインカジノをより楽しくプレイできるでしょう。

オンラインカジノの詐欺とは?

オンラインカジノの詐欺は多岐にわたります。
その中でも代表的なものは出金を不可能にしている、カジノゲームが不正に操作されていると言ったもの、ある日突然閉鎖されるもの、カードの不正請求といったものが挙げられます。

出金を不可能にしているものは、出金依頼をしても不払いを通し、サポートに連絡しても誤魔化したリ、調査中といって相手にしないといったケースです。
これは多くの詐欺カジノで見られる特徴といえます。

カジノゲームが不正に操作されていることも、少なくありません。
例えば、明らかに勝てるようなタイミングでも相手が常識では考えられな役を出してきたり、スロットが当たりそうで当たらないといったものです。

まるでどこかのギャンブル漫画を見ているようなあり得ない展開が目の前で起こる、そんな事態が頻繁に起こるようであればイカサマの可能性は高いでしょう。

ある日突然閉鎖されるものもあります

ある日突然閉鎖されるものもあります

一気にユーザー数を獲得し、一定の入金を受けたタイミングで突如オンラインカジノを閉鎖して払い戻しを行わないという行為です。
こういった詐欺に遭うと訴えようにも、全く縁のない海外なので対応できません。
仮に対応できたとしても訴訟など非常に莫大な資金が必要になるので実質困難です。

こういったレベルのものであればまだいいのですが、時にオンラインカジノの入金操作で利用したカード番号などが流出し、不正に使用されるというトラブルが起こるケースも見られます。

同様に、顧客の個人情報を収集する(出金操作時に運転免許証や住民票などの画像を送信することが多いため)といったことも少なくありません。
そして、そういった個人情報はなりすましの詐欺などに利用されることもあります。

このように犯罪と隣り合わせの側面を持っているのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノの詐欺やイカサマが行われていない目安

ここまで書くとオンラインカジノは遊ばない方がいいのでは、そう考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、業界としては詐欺オンラインカジノの撲滅を目的に様々な試みが官民を挙げて行われています。
その目安といえるのが、運営に関わるライセンス制度とゲームのイカサマに関する第三者機関の設置です。

ライセンス制度は、国や自治政府などが設置した機関が審査を行い、安全なオンラインカジノにお墨付きを与えるものです。
ただ、それぞれのライセンスの厳しさは異なり、緩いものと厳しいものがあります。

可能であれば、厳しいとされているマルタ共和国のライセンスを取得しているものがおすすめです。

もちろん次点でマン島(英国)、ジブラルタル、フィリピン、キュラソー(一時期形骸化していたが、審査が厳しくなっているので安心できるライセンスになっている)も一定の審査を定めているのでいいかも知れません。

さらに理想を言えば、マルチライセンスと呼ばれる複数の国からライセンスを取得しているオンラインカジノがおすすめです。
それらのオンラインカジノはマルタ共和国とフィリピン、キュラソーとジブラルタルといったような形で二つの審査をパスしています。

イカサマの対策として、第三者機関による審査を受けているのもオススメです。
ゲームを供給する企業、ゲームプロバイダは自身たちの信用向上のため、第三者機関を設置しオンラインカジノの審査を行っています。

代表的な機関は、eCOGRA(イーコグラ)、TST(Techinial Systems Testing)といった機関です。
これらは技術的にも詳しい審査が可能であり、イカサマを見抜くことも可能な機関で、認証を受けるには相当クリーンなシステムであることが求められます。

これらのライセンスや第三者機関のチェックは、オンラインカジノのサイトに記載されていることがほとんど(検定料などを支払っているのでカジノ側も必死でアピールしたい)です。
入金する前にサイト内で確認し、選ぶ目安にしましょう。

詐欺ではないものの出金条件のチェックもしっかり

詐欺ではないものの出金条件のチェックもしっかり

詐欺ではないものの、出金条件をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。
オンラインカジノは、実際のカジノよりも攻略しやすく儲けやすいシステムです。

しかし、オンラインカジノ側も経営があるため、出金条件を設定していることが多くあります。
オンラインカジノでは出金トラブルを回避するために、その条件を事前にチェックしておきましょう。

緩いオンラインカジノであれば、入金額と同額以上の金額が出金できる、あるいは条件自体を撤廃しているものすらあります。
逆に厳しいオンラインカジノは、受け取ったボーナスの30倍の儲けや入金額の20倍といったものを提示しているところも見られます。

後者の場合は、よほどのギャンブラーでない限り実質不可能なので、ビギナーな回避するのがオススメです。
この厳しい条件は、一瞬詐欺と思われるかもしれません。

しかし、出金条件にきちんと記載してあることがほとんどなので、無理だと思ったらそのオンラインカジノで遊ばなければいい話です。
表面的な魅力、例えばボーナスがたくさんもらえる、フリースピンし放題といったもので選ぶのではなく、自分でも出金できそうかという点で選ぶのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です